年収3分の1以上でも借りれる金融

年収3分の1以上でもすぐに借りれる金融機関はありますか?

銀行カードローンなら年収の3分の1以上でも今日中に借り入れが可能!

 

お姉さん

知らないと損!総量規制対象外のカードローン!

 

キャッシングで言われている総量規制(年収の3分の1までしか借りれない法律)というのは、実はアコムやプロミスなどの消費者金融のみに当てはまるもので銀行カードローンは対象外!そのため、銀行カードローンであれば年収の3分の1以上でも十分に借り入れることが可能なんですよ!

 

お姉さんでは、どんな銀行カードローンを選べばいい?

銀行カードローンを選ぶ3つのポイントはコレ!

即日融資可能!

 

今日中に借りたいならスピーディーな対応!即日でお金が借りれるから急いでいても大丈夫!

 

限度額が大きい

 

大きな金額を借り入れるなら限度額もゆとりがあってたくさん借りれるところがオトク!

 

金利が安い!

 

利子の返済が不安に感じたら金利が低いところを選ぼう!借入額が大きくなればなるほど、金利の安さは魅力的ですよね。

 

年収の3分の1以上でも即日で借りれる銀行カードローンを比較!

店名 みずほ
銀行
レイク オリックス
銀行

即日
融資

最短即日 申込み完了画面に表示 3〜4日

限度額

1000万円 500万円 800万円

金利

3.0〜14.0% 4.5〜18.0% 1.7%〜17.8%

収入
証明書

200万円以下は不要 100万円以下は不要 300万円以下は不要

詳細

プロミス
>>詳細はこちら


>>詳細はこちら


>>詳細はこちら

オススメはやっぱりみずほ銀行カードローン!

みずほ銀行カードローンなら、大手で安心!しかも専業主婦でもOK!

 

  • 最短即日での融資も可能!(カードを持っていない場合は、即日は不可)
  • 200万円までの融資なら収入証明書不要!
  • 金利がMAX14%!年収の3分の1以上借りるなら低くて安心!
  • WEB完結だから、ばれずに借り入れ可能!

 

⇒みずほ銀行カードローン公式サイトへ

急なお金が必要となり、真っ先に思ったことがカードローンでした。しかし、この必要とするお金が家族にバレたくなくどうすれば良いのか考えてしまったのです。カードローンで契約しても結果的には、郵便物などでバレてしまうのが当たり前でありどうすれば良いのか悩んでおり、インターネットで色々調べてみたら、モビットのカードローンは契約してもバレないということが書いておりました。但し、インターネッイトでの申し込みが条件と書いてあったので、会社のパソコンでインターネットで申し込みをしました。のちにローン会社からメールが届き、審査が行われてたった30分程で審査が通過しました。融資が可能となり、お金を借りることが出来ましたが家族にバレていないのか不安になりました。帰宅したら、その様子も無く問題なく契約出来たのはわかりますが、残すは、郵便物であります。1週間様子を伺いながら不安に過ごしておりました。結果何も届いていなかったことがわかりホッとしたことでありました。モビットはバレずに融資出来るカードローンだとわかりました。 32歳男性、妻と二人暮らしですが私の給与がそれほど多くないので生活は毎月キビしいです。 給与前は特にお金がなく、夫婦でどこにも行くことなく節約しているのですが あるとき突然遠方より、夫婦共通の大切な友人が遊びに来ることになりました。 せっかく友人が遊びに来るのですから、ちゃんともてなしてあげたい...けれどあいにく 給料日前で全くお金がありません。そこで私の会社の近くにあったモビットでお金を 借りることに決めました。モビットにしたのは銀行系のローンであること CMなどで安心感があったことと、一番の理由は会社から近いので何かと便利だろうという いうことからです。モビットは融資までの時間が早いと言われていたとおり インターネットから申し込んですぐに在籍確認の電話があり、30分ほどで融資が決まりました。 店舗に行ってカードを作り、半日もかからないうちに20万円を借りることができたのです。 今は少ない給与の中から、できる範囲で返しています。 専業主婦がキャッシング出来る消費者金融一覧はhttp://www.woodlaneresidential.org/からご覧ください! 最近仕事のストレスで、毎日のようにパチンコや飲み食いをしてしまいました。特に土曜日に友人とパチンコに行った時に大負けしてしまい、生活費のお金がほとんどなくなってしまいました。月末の給料日まではまだ随分日にちがあり、どうしようもなくなってノーローンで借入をしました。 以前にもキャッシングは何度か利用したことがあったのですが、ノーローンを利用するのは初めてでした。ノーローンは、最近CMなどで何度も耳にしていたので、勢いのある会社なのかなと思ったのです。 インターネットでノーローンのホームページを見つけて、WEB申し込みをしました。審査が通るかどうか心配だったのですが、1時間くらいして、審査が通ったとの連絡がありました。初めて利用するので不安だったのですが、問題なく借入することができてほっとしました。キャッシングしたお金で生活費を払うこともでき、給料日後に無事返済もできました。 思った以上にスムーズに借りることができたので、また利用したいと思います。 バンクイックの審査は通りやすいって本当? 銀行のローンというと、源泉徴収票の提出が当たり前だと思っていましたが、みずほ銀行カードローンは、面倒な書類を用意しなくても借りられるんですね。 源泉徴収票などは、なくしてしまっていることもありますので、手続きが簡単というのが、本当に良かったと思います。 今回借入れした金額は70万円でしたが、ローンの支払いが終わったら、海外旅行の費用にも使ってみたいと思います。 とにかく、面倒じゃないというのが本当にいいと思います。 市民税の支払いのために、今回、初めてプロミスに申込んでみました。 プロミスは迅速な審査ができるという説明が多かったので選んでみましたが、私の場合は、現金の受取りが翌日になってしまいました。 プロミスの審査は、夜21時くらいまでしかしていないみたいで、夜間の申込みでは、即日融資ができないケースもあるんですね。 税金の支払いには間に合いましたが、もう少しよく説明を読んでから申込みをするべきだったと反省しています。 プロミスではいくらまで増額出来るのだろうか お金が急に必要な時にはキャッシングをする方法が効果的であることを知ったために、私も友人の話を聞きながらすることにしました。初めてキャッシングをしましたが審査に通るかどうかが不安であり、どのようにするかを迷ったものです。 キャッシングをするには消費者金融会社が便利であり、便利なアコムの自動契約機で申し込みをしました。アルバイトであったために審査が通るかどうか不安でしたが30分以内で審査結果が出て10万円借りれることになったために、緊急時にも対応できて安心しました。 私がキャッシングをして感じたことは金銭感覚を麻痺しないように心がけることであり、今後の計画を正しく考えることが重要であることです。人間はお金の状況によって考え方が変わる傾向が強いために、楽に借りる方法を知ると使い過ぎなどをしてしまう傾向にあるものです。 キャッシングとは一時的にお金を借りて様々な目的で使えるために、金銭感覚を麻痺しないように考える方法が望ましいです。返済をするには利息の金額を払う必要があり、今後の収入を考えながら正しい方法を選ぶことが大切です。 私がアコムのキャッシングを初めて利用して感じたことはお金がない時に役立つことや使い過ぎる危険性があることであり、衝動買いや趣味などに使わないようにすることです。返済をするためには給料日直後などに早めに返すことを心がける必要があり、あくまでも緊急時に対応することを限定として使うようにすることを心がけることが重要だと感じました。 総量規制対象外カードローン 今現在3社借入状態ならおまとめローンでまとめられないか調べるべきです。 おまとめローンでまとめることによって大きなメリットが得られます。 まずはなんといっても手間が減ることです。返済も金利の計算も1社で良いため、手続きも1度で済みます。 当然返済日も1日になるのでこれらによって減る手間はとてもありがたいです。 次に、利息を抑える事が期待できます。 利息は一般的に、金額が大きいほど減るものなので、まとめることによって、返済額を抑える事ができます。 そして今の状態でおまとめローンを調べるべきだという大切な理由があります。 それは、4社以上の借入になると、おまとめローンの審査は一気に通りにくくなる為です。 4社になると、審査が通る所は一気に減る為、今の内に調べてまとめておく方がよいです。 どこでまとめるかについては、審査が通るかどうかだけでなく、大手の、なるべく金利が低いところを探すとよいです。 今の状態であればメリットはあれどデメリットはないので、なるべく早く探した方が得策です。 金融機関のカードローンに申し込むときは、  ・年収3分の1以上でも借りれるローン  ・年収3分の1までしか借りれないローン の2種類がある点に注意が必要です。 基本的には、年収の3分の1までという制約があるのは、「消費者金融」のローンで、対象外となっているのが「銀行カードローン」です。 両者の違いをよく理解し、自分がどちらのカードローンに申し込むかを決めるようにしてください。 ■消費者金融は年収の3分の1まで 消費者金融のローンは、貸金業法の規制を受けますので、  年収の3分の1まで という制約があります。 ここで、「年収の3分の1」を計算するときに、  ・クレジットカードのショッピング  ・通販の購入金額  ・銀行のローン は含みませんが、すべてのローンの合計額について「年収の3分の1まで」となっている点を間違えないようにしてください。 ■銀行カードローンは総量規制対象外! 銀行は、貸金業法の規制を受けていませんので、年収の3分の1まで、という総量規制とは関係ありません。 そのため、専業主婦や年収の3分の1超の融資が必要なときは、銀行のローンの中から申込先を選ぶことになります。 専業主婦ならみずほ銀行カードローン、融資を急ぐならバンクイックや新生銀行レイクがおすすめです。 ■年収3分の1以上でも収入証明不要で申し込みたい! カードローンの申し込みに「収入証明書」が必要になると、とても面倒に感じてしまいます。 とくに当日中の融資を希望しているようなときは、収入証明書を用意している暇がないかもしれません。 そのようなときは、100万円程度までなら収入証明書なしで申し込める、銀行カードローンを選ぶべきでしょう。 この場合、申込みに必要になる書類は、「本人確認書類」だけになります。 本人確認書類は、基本的には「運転免許証」のことですが、交付を受けていない方は、健康保険証やパスポートを用意してください。 書類の用意ができたら、カードローンの商品説明書を確認してみることをおすすめします。